【10秒動画】まとめ 厳選24選!!!Excelショートカット

こんにちは、Eurekapu(エウレカープ)を運営しています、KKです。

今回はCtrlやShiftキーのショートカットを動画でご紹介します。次回以降、Altキーのショートカット、関数、便利な機能(検索や置換、コピペに関するものなど)をご紹介できればと考えています。

エクセルのショートカットついて説明しています
KK
何卒、よろしくお願い致します!

さて、人生において最も貴重な資源はなんでしょうか?それはお金では絶対買えない「時間」ではないでしょうか。エクセル操作に時間を取られている人はそれだけ業務の効率がライバルより悪いことは明白ですが、それ以上に、有限であり最も貴重な財産である「時間」をドブに捨てていることになりますそれくらいエクセルの作業に時間をかけることは無駄です

ですが、これをみれば、これまで知らなかった(または知っていたが使っていなかった)ショートカットや関数や他の機能を知ることで、きっとライバルより一つ上にいけるでしょう。

私がコンサルティング会社に転職した時に、大量の分析データを短期間にアプトプットする必要がありました。しかも、シミュレーションできるようにエクセルを作る必要があります。それができなかったために、最初の数ヶ月死にそうになりました(週に何日会社に寝泊まりしたことでしょうか…)。ですが、様々な方のサポートもあって死ぬこともなく、大量のデータを分析し、シミュレーションもできるように成長できました。その結果、キーボードからAltキーの文字は消えました

もちろん、コンサルティング会社で死にそうになる原因がエクセル操作だけのはずはなく、ロジカルシンキングだったり、仮説思考だったり苦労するポイントはたくさんあります

その経験を踏まえ、下にCtrlやShiftキーに関するショートカットのチェックリストを作りました。このチェックリストで知らなかった操作はクリックして再生して見てください。なお、チェックリストはショートカットキーごとに作っている一方で、動画はアゴヒゲさんのやりたい操作別(ショートカットによってはまとめてご紹介しています)なので、チェックリストと動画は直接対応しません。

動画の右上にその再生秒数を表示しています。その時間より読者の皆様が遅い場合は、知っていても必ず自分のものにしましょう!例えば、PC画面の横に付箋を貼って、使うときに忘れないようにしましょう。用意した動画上、本記事の教材用にキーボード操作を見えるようにゆっくり操作していますが、実際はもっと早く、何のショートカットをやったのか見えないことの方が多いです。それくらいまで効率化できます。

動画解説ではループしても見やすいように、原則、操作前に1秒間と操作後に2秒間の間隔を開けていますので、「4」と記載されているのは正味1秒で終わっている操作です!これにもしマウスを使って10秒掛けているとしたら、少なくとも私よりは読者の皆様が10倍時間を損していることになります。

ここで簡単な質問です。エクセルでの操作を早くするために、「使ってはいけないと言われるモノ」があります。それはなんでしょうか?

それはマウスです。私もマウスは一切使っていません

ただし、私の場合はThinkPadを使っているので、通称「赤いポッチ(正式名称:トラックポイント)」があり、これを使用しています。この赤いポッチはマウス代わりになり、最初からキーボードについているのでとても便利です。デスクトップでもThinkPadのキーボードをわざわざ購入してそれを使っていますし、ラップトップ(ノート)はipadのように洗練された筐体デザインではないですがThinkPadです

マウスを使うとどうしても手がマウスとキーボードを行ったり来たりしますし、クリックの数だけ動作が多くなります。反対に、グラフを作成するときに、マウスが無いと結構困ることがあります。ThinkPadなら赤いポッチが真ん中にあり、移動のロスも、グラフの作成も素早くできます。監査法人やコンサルティング会社は私の知っている限り、すべてThinkPadです。ただし、Let’s Noteなどタッチパネルが付いているノートを使っている方も知っています。

赤いポッチはこんなやつ

黒の筐体がオシャレ!と思い込む

Let’s Noteのタッチパネルはこんなやつ

マウスを使ってエクセル作業をしている人はちょうどギブスをはめてスポーツをするようなものです。まずは足かせになっているマウスをUSBポートから引っこ抜くところから始め、リハビリを始めましょう。最初はイライラすることもあるでしょう。運良くまだ読者の皆様が学生の場合は、リハビリは比較的早く終わるでしょう。そうでない方でも、1週間程度我慢すれば、マウスなしの生活に不自由を感じることはなります。

人生をエクセル作業で無駄にするのは今日で最後にしましょう!

まとめ ~CtrlShiftキーのショートカット

ここではCtrlShiftキーに関する使用頻度が高くかつ時短効果の高いショートカットを厳選して動画解説します。

使用頻度が高くても、基本的すぎるものは以下のリストにまとめただけにしています。ご参考までに。

No ショートカットキー 内容(★★★絶対覚えて!)(★★重要!) 解説の有無
1 Ctrl+S データを上書き保存 紹介のみ
2 Ctrl+B セル内のデータを太字にする 動画○
3 Ctrl+I セル内のデータを斜体にする 動画○
4 Ctrl+U セル内のデータに下線を引く 動画○
5 Ctrl+A 表全体の選択 動画○
6 Ctrl+Z 直前の操作のやり直し 動画○
7 Ctrl+YまたはF4 直前の操作の繰り返し 紹介のみ
8 Ctrl+Space 列の選択 動画○
9 Shift+Space 行の選択 動画○
10 Ctrl+ (選択後)列・行の追加 動画○
11 Ctrl+ (選択後)列・行の削除 紹介のみ
12 Ctrl+C 選択範囲のコピー 紹介のみ
13 Ctrl+X 表を移動(選択範囲の切り取り) 動画○
14 Ctrl+V 表を移動(選択範囲の貼り付け) 動画○
15 Ctrl+1 セルの書式設定を開く 動画○
16 Ctrl+PgUpまたはPgDn シート間の移動、セルの書式設定のタブ内を移動 動画○
17 F2 セルの直接編集 動画○
18 ShiftF11 シートの新規作成 動画○
19 CtrlTab エクセルファイル間の移動★★ 静止画のみ
20 AltTab 他のアプリケーションへの移動★★★ 静止画のみ
21 Ctrl 作業日の日付を入力 紹介のみ
22 Ctrl+矢印キー セル間の高速移動★★ 動画○
23 Ctrl[ セル内の参照先へ移動(ジャンプ)★★★ 動画○
24 F5enter 参照元へ戻る(ジャンプ)★★★ 動画○
補足
+キーは;キーの上段にありますので、実際の操作はShift+;となります。

行と列っていい覚え方ないですか

ちなみにですが、行と列ってどっちがどっちとなりやすいですよね。一生忘れないように動画にしました。見てみてください。

行と列の覚え方

セル内のデータを太字や斜体にしたり、セル内のデータに下線を引く

アゴヒゲ氏
セルの文字や数字を太字にしたり、下線を引きたいです!!!
KK
太字は英語でBoldなのでCtrl+Bで太字になり、斜体は英語でItalicなのでCtrl+Iで斜体になり、下線は英語でUnderlineなのでCtrl+Uで下線が引けますよ。
太字、斜体、下線

表全体を選択

アゴヒゲ氏
表全体を選択したい!!!
KK
表の上にカーソールを合わせてCtrl+Aをすれば、その表だけを全体選択できますよ。
表全体を選択

直前の操作をやり直し

アゴヒゲ氏
しまった!誤ってデータを消してしまいました!
KK
操作を間違ってしまった場合は、Ctrl+Zでやり直すことができますよ。
操作のやり直し

KK
直前の操作を繰り返す場合は、Ctrl+Yでも、F4でもできますよ。わたしは、F4を使っています。

表に列を追加

アゴヒゲ氏
表に列を追加したい!!!
KK
表に列を追加したい場合は、Ctrl+Spaceでまずは列を選択し、Ctrl+Shift+を使えば追加できますよ。
表に列を追加

表に行を追加

アゴヒゲ氏
表に行を追加したい!!!
KK
表に行を追加したい場合は、Shift+Spaceでまずは行を選択し、Ctrl+Shift+を使えば追加できますよ。
表に行を追加

表を移動

アゴヒゲ氏
表を移動させたいです!!!
KK
表を移動させたい場合は、Ctrl+Aでまずは表全体を範囲選択し、Ctrl+Xで表を切り取り、Ctrl+Vで貼り付けすれば移動できますよ。

なお、動画の制作上、Ctrlキーは押しっぱなしにみえますが、実際は押しっぱなしじゃなくて、操作ごとに離しても大丈夫です。

表を移動

セルの書式設定を開く

アゴヒゲ氏
増減率をパーセント(%)表示にしたいです!!!
KK
セルの書式を変更する場合は、Ctrl+1でセルの書式設定ダイアログを開き、表示形式のタブをAlt+Cで選択し、キーでパーセントまで移動すれば設定できますよ。
セルの書式設定を開く

KK
セルの書式設定ダイアログ内はCtrl+PgUpで左側のタブに移動でき、PgDnキーで右側のタブに移動できますよ。
セルの書式設定のタブ内を移動

セルを直接編集

アゴヒゲ氏
セル内を直接編集して「現金・預金」を「現預金」にしたいです!!!
KK
セル内を編集する場合は、F2キーを押せば、編集モードに切り替えられますよ。
セルを直接編集

シートの新規作成

アゴヒゲ氏
シート20枚を3秒で新規作成したいです!!!
KK
シートを複製する場合は、Shift+F11キーで素早くできますよ。

たとえば、月次分析をするときなどにあらかじめシートを作っておきたい場合に使います。Altキー編でシート名の変更のショートカットを扱い、関数編で詳細をご説明しますが、関数を使う際にシート名を工夫することでも時短効果を発揮できます。

シートの新規作成

シート間の移動

アゴヒゲ氏
シート内の移動を素早くしたいです!!!
KK
シート間を移動する場合は、Ctrl+PgUpキーで左に移動でき、Ctrl+PgDnキーで右に素早く移動できますよ。

このように、CtrlとPage-UpとPage-Downで、複数のシート間の移動も、書式設定などのアプリケーションのタブ間の移動もできます。

シート間の移動

エクセルファイル間の移動★★ ~静止画のみ

アゴヒゲ氏
異なるエクセルファイルを同時に開いたときに、他のエクセルファイルに素早く切り替えたいです!!!
KK
異なるエクセル間の移動は、Ctrl+Tabで素早く移動できますよ。
エクセルファイル間の移動
異なるファイル間の移動を説明しています

他のアプリケーションへの移動★★★ ~静止画のみ

アゴヒゲ氏
(仕事中に)インターネットとかしながら、すばやくエクセルファイルに切り替えたいです!!!
KK
Alt+Tabで素早く切り替えられますよ。

仕事中は集中すべきですが、例えば調べ物をしながらデータをエクセルにコピーしたいときなどに、これを使えばすぐに切り替えられ、大変便利です。

アプリケーション間の移動
異なるアプリケーション間の移動を説明しています

セル間の高速移動★★

アゴヒゲ氏
1000行くらいあるファイルでも、セルとセルを素早く移動したいです!!!
KK
セルとセルを素早く移動する場合は、Ctrl+キーなどで行きたい方向の矢印キーで素早く移動できますよ。
カーソールの移動

セル内の参照先へ移動(ジャンプ)★★★

アゴヒゲ氏
30シートもあるエクセルファイルだと計算チェックが大変です。何かいい方法はないでしょうか?
KK
セル内の参照先へジャンプする場合は、Ctrl+[キーで参照先までジャンプできますよ!ただし、=の次にある参照先だけです。戻りたい場合はF5でジャンプのウィンドウを立ち上げれる参照先にジャンプ元が選択されている状態になるので、そのままEntreキーで戻れますよ。

ちょっと移動が早すぎて動画は見えないかもしれませんので補足します。一番左のシートから一番右のシートまで合計30シートが並んでいます。この一番左のシートのC3のセルは、一番右のシートのC3に対して「=」で結ばれています。上記で学習したCtrl+PgDnキーで移動するのもありですが、このショートカットによって一番右のシートのC3にジャンプできます。また、一番右のシートのC3から元の参照先へ戻るには、F5でジャンプのウィンドウを立ち上げそのままEnterを押せば、戻れます。

カーソールの移動

このテクニックは計算チェックする場合にかなり重宝します。なお、エクセルシートに複雑な関数やIfなどで分岐が入っている場合は参照先が複数あるため、有効に機能しません

そもそも、財務シミュレーションをするときはほぼ間違いなくシートが大量になるので、計算ロジックがちゃんとあっているかを可視化させておく必要があります。ですので、私はエクセルで何かのセルを参照するときに複雑な関数を原則、使用しません!!!このショートカットを使えるように計算式を簡素化します。自分で計算チェックするのに時間がかかってしまうし、他の人がそのエクセルをみて理解できるかわからないからです。

Vlookup関数を使用するときも、Sumif関数で代替できないかを考えます。Sumif関数であれば、参照先までこのショートカットCtrl+[でジャンプできるからです。このあたりはまた関数編で解説できればと思います。

たまに、複雑な関数やIfでの分岐が複雑なシートを拝見することがあります。これを作った人が仮に間違っていたらどうするんだろうとよく思います。本当に誰かのチェックが入っているのでしょうか。当たり前ですが、企業再生の現場では弁済率が間違っていましたなんて口が裂けても言えないです。なので、私は他のチームメンバーや私自身が紙に打ち出して電卓でチェックできるように、計算式はシンプルに作るように心がけていました(詳細は別の機会に…)。

まとめにかえて

そもそも私がエクセルを書籍で勉強したときに、

KK
エクセルってパソコン使ってやるものなのに、書籍で勉強するのってなんでなん?ショートカットキーとか言葉で説明されても、実際、何をショートカットしているのか書籍ではよくわからないんだけど。。。

とか、私がエクセルを初めて使った監査法人の集合研修では、

KK
講師の画面遠い!そもそも研修講師の方のスピード早すぎる!!というか今どこ?何ページ??

とか思った経験があります。エクセルって1回集合研修でつまづくと、もうついていけなくなるんですよね。戻ろうにも、書籍なので、よくわからないし、振り返っている最中にもどんどん研修は進んでいくので、効率が悪いのです。

でも、このように、ポイントをループで学習することができれば、初めての方でも操作のイメージが最初に頭の中で繰り返しイメージできます。これってとっても大切なことです。一旦、ベンチマークとなるエクセル操作を見てしまえば、あとは自分でそれに一日でも近付けるように、練習するだけだからです。とっても効率的です。

毎度のことですが、このページをご覧になり、

アゴヒゲ氏
エクセルのショートカットはわかったぞ(EUREKA!)!!!
となったら、Facebookページ「いいね!」を宜しくお願いします。2000Likeを目指します(記事作成時点で45Likesを頂いていますので、目標まであと1955Likesです(進捗率2%))。

KK
次回は関数編にチャレンジします!何卒、よろしくお願い致します!

新着エントリー



いつもありがとうございます!

もし、このWebを気に入って頂けたら どうかFacebookページに「いいね!」を。 最新の更新をお届けにまいります。


これを「見て」もうわからないとは言わせません。

こちらから書籍の紹介ページに移動できます。

ABOUTこの記事をかいた人

アニメーションを使って会計・簿記をわかりやすくインプットするためのWebサービスを開発しています。まだまだ、ベータ版ですが、よろしくお願い致します。 We have been developing web services to have fun and input accounting and bookkeeping easily using animation, infographics and illustrations. Please contact me if you are interested.