【大人の簿記】簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 有価証券編

有価証券に関する簿記3級の最も基本的かつ重要な仕訳だけを漏れなく厳選しました

簿記では取引を仕訳に変換できれば、帳簿組織や伝票などは足し算と引き算がわかっている方ならパズルのようなものです。最初にして最後の高い「カベ」として立ちはだかる仕訳を徹底的にこだわり抜いて可視化させました!!!

このコンテンツを生かす方法にはたとえば、以下のようなものがあります。

  • 復習時にざっと確認する!
  • 初学者の方が最初にざっと眺める!
  • 教える先生方が授業が始まる最初の5分で生徒にスマホで見せる!
  • 宿題として次回の範囲分だけを自宅で見させる!
  • まだ息子・娘は小学生だけど、簿記を「見て」学ばせてみる!
これをみたすべての方が簿記にアレルギーを感じなくなり、会計に少しでも興味を持つきっかけになれば大変幸いです。代わりにぜひ、「いいね!」ください!!!喜びます。

なお、すべての動画は13秒以内で完結します!終了しても再度クリックすれば、何度も再生可能ですので、繰り返し見ることができます。電車でも移動中でも時間が空いた時のスキマ時間に是非繰り返し見てください!

用途に応じてお好きなページから閲覧ください。では始めましょう。

原則、以下のような位置関係をすべての図解で採用します。

●簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 総集編(作成中)
簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 商品売買編
簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 手形編
簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 固定資産編
簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 有価証券編 本記事!
●簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 貸付・借入編(作成中)
●簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) その他収益・費用編(作成中)
●簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 資本(純資産)編(作成中)
●簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 決算整理編(作成中)

有価証券編

詳細な解説は「【大人の簿記】簿記3級を独学で10倍深く早く理解する講座 ~有価証券編」からどうぞ!

【大人の簿記】簿記3級を独学で10倍深く早く理解する講座 ~有価証券編

2017.02.06
例題34:株式の購入(現金支払い)
A社の株式200を(20株、購入単価10円)手数料100を支払って購入した
 
株式を現金を支払って購入した場合の会計処理について説明しています
例題35:株式の売却(現金受取り)~売却損
保有するA社株式20株を(帳簿価額300)を売却し現金100を受け取った
 
株式売却損の会計処理について説明しています
例題36:公社債の購入(現金支払い)
社債300を(20口、購入単価10円)手数料100を支払って購入した
 
公社債を現金を支払って購入した場合の会計処理について説明しています
例題37:公社債の売却(現金受取り)~売却益
保有する社債300を500で売却し現金を受け取った
 
社債売却時の会計処理について説明しています
例題38:公社債の利息の受取
保有する社債の利息30の利払日が到来した
 
株式を現金を支払って購入した場合の会計処理について説明しています
例題39:配当金の受取
保有するA社株式配当金領収書30を受け取った
 
約束手形の決済の会計処理について説明しています

まとめにかえて

いかがでしたでしょうか?

簿記3級の有価証券は、株式であっても、公社債であっても勘定科目は「有価証券」勘定しか使いません。仕訳自体は非常にシンプルです。購入時と売却時の付随費用に注意したり、利息の計算が月割だったりするので計算間違えをしないように気をつけましょう!

もしこの記事が気にいってくだされば、Facebookページに「いいね!」を宜しくお願いします。

KK
何卒、よろしくお願い致します!

新着エントリー


いつもありがとうございます!

もし、このWebを気に入って頂けたら
どうかFacebookページに「いいね!」を。
最新の更新をお届けにまいります。

これを「見て」もうわからないとは言わせません。

こちらから書籍の紹介ページに移動できます。

ABOUTこの記事をかいた人

アニメーションを使って会計・簿記をわかりやすくインプットするためのWebサービスを開発しています。まだまだ、ベータ版ですが、よろしくお願い致します。 We have been developing web services to have fun and input accounting and bookkeeping easily using animation, infographics and illustrations. Please contact me if you are interested.