【動く図解】簿記3級の設例・仕訳一覧(問題集) 商品売買編

商品売買に関する簿記3級の最も基本的かつ重要な仕訳だけを漏れなく厳選しました

簿記では取引を仕訳に変換できれば、帳簿組織や伝票などは足し算と引き算がわかっている方ならパズルのようなものです。最初にして最後の高い「カベ」として立ちはだかる仕訳を徹底的にこだわり抜いて可視化させました!!!

このコンテンツを生かす方法にはたとえば、以下のようなものがあります。

  • 復習時にざっと確認する!
  • 初学者の方が最初にざっと眺める!
  • 教える先生方が授業が始まる最初の5分で生徒にスマホで見せる!
  • 宿題として次回の範囲分だけを自宅で見させる!
  • まだ息子・娘は小学生だけど、簿記を「見て」学ばせてみる!
これをみたすべての方が簿記にアレルギーを感じなくなり、会計に少しでも興味を持つきっかけになれば大変幸いです。代わりにぜひ、「いいね!」ください!!!喜びます。

なお、すべての動画は13秒で完結します!終了しても再度クリックすれば、何度も再生可能ですので、繰り返し見ることができます。

用途に応じてお好きなページから閲覧ください。では始めましょう。

原則、以下のような位置関係をすべての図解で採用します。

商品売買編

詳細な解説は「【大人の簿記】簿記3級を独学で10倍深く早く理解する講座 ~商品売買編」からどうぞ!

【大人の簿記】簿記3級を独学で10倍深く早く理解する講座 ~商品売買編

2017.01.31

現金とモノの移動が同時

例題01:仕入(現金支払)~三分法
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金は現金で支払った
 
商品の仕入れを現金で支払った場合の会計処理について説明しています
例題02:売上(現金受取)~三分法
当店は得意先に商品(原価300)を600で販売し、代金は現金で受け取った
商品の販売時の会計処理について説明しています

モノの移動が先、現金の移動は後

例題03:仕入(買掛債務の発生)~三分法
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金は掛けとした
 
商品の仕入れを掛けで行った場合の会計処理について説明しています
例題04:仕入(買掛債務の返済)~三分法
当店は仕入先に対する買掛金300を現金で支払った
 
買掛金を支払った時の会計処理について説明しています
例題05:売上(売掛債権の発生)~三分法
当店は得意先に商品(原価300)を600で販売し、代金は掛けとした
 
商品の売上を掛けで行った場合の会計処理について説明しています
例題06:売上(売掛債権の回収)~三分法
当店は得意先に対する売掛金600を現金で受け取った
 
売掛金をうけとった時の会計処理について説明しています

現金の移動が先、モノの移動は後

例題07:仕入(前払債権の発生)~三分法
当店は仕入先に商品300を発注し、前金として全額の300を支払った
 
商品の仕入れを前金で行った場合の会計処理について説明しています
例題08:仕入(前払債権の消滅)~三分法
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金は前金と相殺した
 
売掛金をうけとった時の会計処理について説明しています
例題09:売上(前受債務の発生)~三分法
当店は得意先から商品600の発注を受け、前金として全額の600を現金で受け取った
 
商品の売上を上げる前に現金を受け取った場合の会計処理について説明しています
例題10:売上(前受債務の消滅)~三分法
当店は得意先に商品(原価300)を600で販売し、代金は前金と相殺した
 
前受金の消滅時の会計処理について説明しています

返品と値引き

仕入れと売上げの返品・値引き
要するに、仕入れまたは売上げをなかったことにすればよいので、計上した仕訳を反対にすればいいだけですね。
 
例題11:仕入返品
仕入先から掛けで仕入れた商品300のうち、100を品違いで返品した
例題12:仕入値引き
仕入先から掛けで仕入れた商品300のうち、100の不良品があったため100の値引きをうけた
例題13:売上げ返品
得意先に掛けで売上げた商品600のうち、200が品違いで返品された
例題14:売上げ値引き
得意先に掛けで販売した商品600のうち、200の不良品があったため200の値引きを行った

仕入諸掛と販売諸掛

例題15:仕入諸掛(当店負担☓仕入れ)
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金を現金で支払った。なお、当店負担の引取運賃30を現金で運送会社に支払った
 

例題16:売上諸掛(当店負担☓売上げ)
当店は得意先に商品600(原価300)を販売し、代金を現金で受け取った。なお、当店負担の発送運賃30を現金で運送会社に支払った
 

例題17:仕入諸掛(仕入先負担☓仕入れ)
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金を現金で支払った。なお、仕入先負担の引取運賃30を現金で運送会社に立替払いした
 

例題18:売上諸掛(得意先負担☓売上げ)
当店は得意先に商品600(原価300)を販売し、代金を現金で受け取った。なお、得意先負担の発送運賃30を現金で立替払いした
 

商品券

例題19:商品券の発行
当店は得意先に対し、商品券600を発行し、現金を受け取った
 
 
商品の売上を上げる前に商品券を発行し現金を受け取った場合の会計処理について説明しています
例題20:商品券の受取(売上計上)
当店は得意先に商品(原価300)を600で販売し、代金は当店発行の商品券600を受け取った
 
商品券が消滅する時の会計処理について説明しています
例題21:他店商品券の受取(売上計上)
当店は得意先に対し、商品(原価300)600を販売し、他店発行の商品券600を受け取った
 
商品の売上を上げる際に他店の商品券を受け取った場合の会計処理について説明しています
例題22:他店商品券の精算
他店発行の商品券600を交換会で現金と交換した
 
 
他店の発行した商品券を交換所で精算する時の会計処理について説明しています

【まとめ】商品売買の記帳方法

(再掲)例題01:仕入(現金支払)~三分法
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金は現金で支払った
 
商品の仕入れを現金で支払った場合の会計処理について説明しています
(再掲)例題02:売上(現金受取)~三分法
当店は得意先に商品(原価300)を600で販売し、代金は現金で受け取った
商品の販売時の会計処理について説明しています
例題23:仕入(現金支払)~分記法
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金は現金で支払った
 
 
分記法の場合の仕入れ時の会計処理について説明しています
例題24:売上(現金受取)~分記法
当店は得意先に商品(原価300)を600で販売し、代金は現金で受け取った
 
分記法の場合の販売時の会計処理について説明しています

この売上原価対立法は2級の範囲となりますが、ぜひ三分法と分記法との違いを見比べてください。

例題25:仕入(現金支払)~売上原価対立法
当店は仕入先から商品300を仕入れ、代金は現金で支払った
 
 
売上原価対立法の場合の仕入れ時の会計処理について説明しています
例題26:売上(現金受取)~売上原価対立法
当店は得意先に商品(原価300)を600で販売し、代金は現金で受け取った
 
売上原価対立法の場合の販売時の会計処理について説明しています

まとめにかえて

いかがでしたでしょうか?

もしこの記事が気にいってくだされば、Facebookページに「いいね!」を宜しくお願いします。

KK
何卒、よろしくお願い致します!

新着エントリー


いつもありがとうございます!

もし、このWebを気に入って頂けたら
どうかFacebookページに「いいね!」を。
最新の更新をお届けにまいります。

これを「見て」もうわからないとは言わせません。

こちらから書籍の紹介ページに移動できます。

ABOUTこの記事をかいた人

アニメーションを使って会計・簿記をわかりやすくインプットするためのWebサービスを開発しています。まだまだ、ベータ版ですが、よろしくお願い致します。 We have been developing web services to have fun and input accounting and bookkeeping easily using animation, infographics and illustrations. Please contact me if you are interested.