B/SとC/Sの関係

B/SとC/Sの関係 BSとCSの構造
C/S(キャッシュフロー計算書)はB/S(貸借対照表)の現金預金の増減明細表であるといえます。

なお、C/Sでは増減の内容を営業活動、投資活動、財務活動の3つの視点にわけ、活動ごとにその増減内容を報告します。

例えば、事業を行うなかで、商品を仕入れ、それに儲けを乗せて販売し、利益を出す事業活動、これらは営業活動です

また、事業を大きくするために、設備を購入したり、工場を建設したりする活動、これらは投資活動です。

さらに、大規模な設備などでお金が足りない場合は、銀行や投資家などからお金を調達する活動、これらは財務活動です。

会計(簿記)の基礎の基礎~目次~

  1. そもそも会計・ファイナンスは必要なのか?
  2. 簿記とは「数の数え方」
  3. 5つの要素、BSとPLの要素、勘定科目とは?
  4. 取引の8要素(前半の5パターン)
  5. 取引の8要素(後半の5パターン)
  6. 取引を整理する
  7. 簿記一巡の手続き
  8. 勘定とは何か?
  9. B/SとC/Sの関係
  10. B/SとP/Lの関係
  11. 補足:なぜ取引の要素は5つの要素に分かれるのか~なぜ複式であり、単式ではないのか?

新着エントリー


いつもありがとうございます!

もし、このWebを気に入って頂けたら
どうかFacebookページに「いいね!」を。
最新の更新をお届けにまいります。

これを「見て」もうわからないとは言わせません。

こちらから書籍の紹介ページに移動できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニメーションを使って会計・簿記をわかりやすくインプットするためのWebサービスを開発しています。まだまだ、ベータ版ですが、よろしくお願い致します。 We have been developing web services to have fun and input accounting and bookkeeping easily using animation, infographics and illustrations. Please contact me if you are interested.